漫画 お金のおはなし 主婦生活

漫画【ケチな性格は得か損か。お金より大切な事ってあるの?】

投稿日:2018年11月4日 更新日:


人気ブログランキング
ランキングぽちっと押して下さると本当に励みになります!本当にありがとうございます!

お疲れ様です!!!

今日はお金のことについて漫画というか、イラストも加えて思うことをちょっと書きたいと思います。

スポンサーリンク

生まれながらにしてのケチな性格

私はケチです。

もすこし細かく言うと、ケチというよりは貯金大好きっこです。

ストレスが溜まると浪費してストレス解消する方もいると思いますが
私は浪費してしまうと余計にストレスが溜まります。

たまにちょっと旅行したり買い物をしたりするとその一瞬は嬉しいですが
その後はとにかく「貯金が減った」という事実で深く落ちこみます。

「また贅沢するには仕事を頑張って貯金を増やさなきゃならない」と強迫観念に狩られ、浪費するとかえってストレスが増えます

銀行員の家庭に生まれ、小さな頃から「貯金は大事」「貯金さえしていれば心配事はない」と育てられ、働いてからも女子にありがちな「自分へのご褒美」も比較的少なく、とにかく貯金通帳残高が増えることを確認することで親から教えてもらっていた「貯金さえあれば将来は大丈夫」という絶対的な教えによって精神は確立されていきました。

ですので、今までは「貯金全然してないよ〜20万もない!アハハ!でもやりたいことやんなきゃ!」と言ってる友人がいたりすると

「オイオイ…大丈夫なのかよそんなんで…」と無駄に他人のことを心配していたものです。

ですが、結婚して気付いた事があります。

お金より大事なものってあると思う…

私の旦那はお金に執着があまりありません

かと言って浪費家と言われれば全くそんなこともなく、買い物も必要最低限、ギャンブルも酒もしない、煙草とゲームをちょっとたしなむくらいで、現在まったく家計に影響はありません。

執着がないとは言え浪費もさほどしないので貯金がねえじゃねえか!とかそういう事もなく、日々仕事に行き、好きなゲームを買い、趣味のドライブでストレス解消。という健やかな独身時代。

とにかく、私と決定的に違うのがお金への執着です。

「あるにこしたことはないけど、ないならないでその時考えて、状況に応じて対応すればいい。」

旦那はそんなスタンスです。

私は

「あるにこしたことはないし、何が何でも1円でも多く貯金しないと将来貧困で死ぬから今とにかく貯金を増やさなくてはならない!」

という考え方です。

一見私の方が正しく見えると思います。
だって世の中金がないと何もできない。自由がない。

でも、でもですよ。

病んでまで、ストレス溜めてまで貯金って増やさないと駄目なんでしょうかね??

 

病んでまで1円にかじりついて疲れ果てる意味

さすがに借金まみれとかだったら焦るべきだと思います。

自分が超大金持ちになって毎年世界一周して家族もつれていきたいし超高級ホテルに泊まり続けたいとかならトレードでも労働でももっと本気になるべきだと思います。

でも今必要な分は十分生活できて、ちょっとずつではあれど将来への備えもしているのであれば何がなんでも1円でも多く!って思わないと本当に駄目なんでしょうか?

来月私の軽の自動車保険の更新があるんですが、色んなところで見積もりを取って金額と保証内容と保険会社のレビューをひたすら見てこっちの方が良さそうだけど2000円高いし…でもこっちは…と調べていくうちにもう何がなんだかわからなくなってプチダウンしそうになりました。

旦那の自動車保険のときは割とさっくり決めてたのを思い返すと、こんな1000円2000円のことで何日も悩むくらいなら1000円2000円はもう誤差と見てサクッと決めてあとは好きな事してる方がずっと精神衛生上いい気がしたんですよね。

勿論、お金に余裕があれば1000円2000円でうだうだ悩まなくなる!とも思うんですが私の場合お金をある程度持っていたとしてもこの性格だと1000円2000円で悩みそうなんですよね。

こういうのを効率よくストレスなく調べてまとめて節約できる人ならノーストレスなのでいいんでしょうけど、私の場合結果的にあっぷあっぷしちゃうので
もうそれならいっそ1000円2000円こだわらなくてもいいんじゃね…?
てちょっと思ってしまいました。

自分に無理なくいける額ならそこまでがめつくする必要ないんじゃないかなってちょっと思ってきてます。

 

スポンサーリンク

旦那と暮らして、今までの自分の常識外の考え方を知れてありがたい

親がとにかく「貯金は多いほうがいい」「頑張って貯めなさい」な考え方だったので
OL時代どんなに頑張って貯金して大体の金額を教えても「もっと貯めなさい」「いつ大きな出費がくるかわからないんだから備えなさい」とばかり。

貯金やお金の使い方を褒められたことは一度もありませんでした。

貯金だけが正しいんだ。お金があることだけが正しいんだと思い続けていましたが
「給料日までお金ないから1000円貸して!」と言ってる友人の方がこの先も強く生きていけるんじゃないか?という気もどこか感じていました。
(ちなみに貸さない。お金は貸さない。)

薄々、自分を苦しめてまで貯金してこの先どうなるのかな…貯めても使うのはストレスだし、明日死ぬ可能性だったあるのに…
と感じつつも旦那と結婚して、お金の執着のなさにとても驚きました。

特段将来に対してビクビクしてなくて、この先のことを楽しみにしてる。

だからといって完全に楽観的ではないし勿論経済や世界情勢に不安を感じることはあるけれど、
「今自分たちができることを精一杯頑張ってればいいんじゃないかな?」
という考えを実際に言葉にして私に投げかけてくれたのはとても衝撃的でした。

まだまだ守銭奴魂は抜けないにせよ、物事をやわらかくポジティブにとらえる強さが私には本当に欠けていると思いました。

無駄にポジティブとか、わけもなくポジティブとか、負けず嫌いのポジティブとかは結構あるんですけど、
なんていうかやわらかなポジティブというか、やさしいポジティブというのを生まれて初めて実感して戸惑っています。

それでもやっぱり、お金や将来の、この先何が起こるかわからない未来に怯えて無駄に病むのってほんと~~~~~~~~~~に無駄だと思います。

備えは大事!だけど自分が苦しくなったり、相手に当たるまでお金に拘るのってどうなんだろう。というお話でした。

少しずつ凝り固まった考え方をやわらかくして、無駄遣いせず、けど無理して苦しくならない正しい金銭感覚を身に着けていきたいと思います。

 

ところでそんな旦那ですが一個だけ闘争本能むき出しになるのがあります

それは、ゲーム!!

普段温厚でやさしい旦那ですが、ゲームで負けると結構イライラを露にします。

私もお金以外でもっと執着できるものがほしいな!


人気ブログランキング
ランキング押して下さると本当に励みになります!

スポンサーリンク

-漫画, お金のおはなし, 主婦生活

Copyright© 元OLが専業主婦になって株やら結婚生活やらで頭ぱんぱん体ぱんぱんブログ , 2018 All Rights Reserved.